現物を見てお買物をしていただきたく思いますので、インターネットを通しての販売は致しませんことをご承知おき下さい。

Customers are able to talk in English at the shop.

2021年9月26日日曜日

企画展 『木の味・鉄の味』

今日は、鉄造の品を4点紹介致します。


これが何だったのか不明ですが、先端に近づく程、腐食が進んでいるので、地中に埋めた杭だったような気がします。結構長いサイズで、腐食した部分がかなり細くなり、凸凹が素敵なのです。壁に掛ければ、ミニマルながら、存在感のあるオブジェになります。長さ71.3cm


これは鉄球です。直径が9.9cmと大きいので、ペタンクのボールではなく、大砲の弾だったのではないかと思っています。以前にも大砲弾だと思われる鉄球をブログで紹介したことがありますが、今回のものはそれよりも大きいです。まあ、オブジェとして飾るしか用途がなさそうですが。


こちらは鉄皿です。かなり分厚い鉄を打ち出して作ったようですが、程良い大きさで、使い勝手が良さそうです。直径20.5cm、高さ3cm


最後に紹介します品は、鉄造小杯です。杯に使えそうな、見立てのものを時々見つけて入手するのですが、今回のものは、ずばり杯として作られたものでしょう。フォルムもサイズも、酒杯としてうってつけのものです。口径4.5cm、高さ6cm

2021年9月23日木曜日

企画展 『木の味・鉄の味』

今日は、敷板として使える、ネパールの台を3点紹介致します。これらは、椅子だったそうで、日本の座布団感覚のようです。


まずは、丸いタイプのものですが、ご覧の通り、古色たっぷりです。大振りの仏像でもあれば、その台座にもってこいだと思います。直径28.7cm、高さ5.3cm


こちらは、長方形のタイプで、丸いタイプとは違った古色の付き方です。シンプルな中に、縁に回らされた線刻が、この台の景色を引き締めています。縦22.8cm、横37.4cm、高さ6.5cm


これは長細いタイプで、この造形は李朝ものではないのかと思わせます。使用感・古色共にたっぷりです。縦12.9cm、横31.5cm、高さ8.6cm

2021年9月20日月曜日

企画展 『木の味・鉄の味』

いよいよ、明日から今回の企画展の開始です。ご興味のある方は、どうぞご来店下さい。よろしくお願い致します

2021年9月21日(火) - 10月3日(日)  12:00 - 18:00  会期中は無休で営業

新型コロナ・ウィルス感染予防のため、ご来店の際は、マスクの着用をお願い致します。店内には、消毒用のアルコールを用意しております。


今日は、味の良い木の器を5点紹介致します。全てが良い状態です。


ナガの高坏ですが、かなり珍しいもので、集落の有力者が、これに直接食べ物を乗せて食べるそうです。食べ物の油等も付いたのでしょう、皿部分は黒光りしています。大きさがあり、果物を乗せるのに良いですね。直径28.4cm、高さ26.5cm


これも珍しい意匠の器ですが、李朝の物入れです。縁下には、ギザギザの模様、上部には、恐らく蝙蝠なのでしょう、吉祥のデザインが彫られています。縦11.8cm、横18.7cm、高さ6.3cm


これは、やはり李朝のもので、米を掬った鉢なのでしょう。見込に米粒の痕がいくつも残っており、それが良い景色を作っています。直径19.7cm、高さ7cm


これも李朝で、大きめの八角盆です。上手のもので、ほとんどのこの手の盆が松で作られているのに比べ、これは桐材で作られており、大きさがあっても重量は軽いです。対角46.5cm、高さ9.4cm


これは、みなさんご存知でしょう。日本の繭皿です。繭皿は市場で時々見掛けますが、やはり味のあるものは希少です。裏にもたっぷりと古色が付いています。直径29.8cm

2021年9月16日木曜日

企画展 『木の味・鉄の味』

今日は、花器として使えるものを5点紹介致します。花器は常に集めておりますので、その他多くございます。


木のコブを利用した器ですが、恐らく灰皿として作られたものだと思います。かなりの腕前の作者だったのか、中央の窪んだ部分が精緻に作られています。大正〜昭和初期頃のものでしょう。幅15.6cm、高さ7.8cm


これはドイツの容器なのですが、元が何だったのかは不明です。底の中央に穴が開けられているので、機械の一部だったのか、材質からして、植木鉢とは考え辛いのです。鉄の筒にペンキで塗装されていますが、剥がれかけた塗料が良い景色を生み出しています。胴径12cm、高さ10.5cm


こちらは、日本の竹しのぎ小筒です。これも、灰皿として使用されていたのではないでしょうか。表面に漆を塗っていたようで、凸部分が剥げて良い景色になっています。胴径8.5cm、高さ5.8cm


これは中国の鉄造小型桶ですが、どのような目的で造られたかは不明です。清代頃のものでしょうが、胴に回された2本の帯が器のイメージを引き締め、なかなか渋い鉄味です。胴径10.9cm、高さ5.8cm


最後に紹介しますのは、スリランカの経筒だそうです。竹を組んで、漆を塗って仕上げているので、ビルマのものかと思ったのですが、スリランカも仏教国ですから、こんなものが存在するのですね。スラリと長細いので、落としを入れて花を生けると、なかなか様になります。胴径8cm、高さ26cm(w/蓋)

2021年9月12日日曜日

企画展 『木の味・鉄の味』

今日は、朝鮮の祭祀具を2点紹介致します。


これは、鉄剣を形どったもので、祭祀用のために刃が付いていません。僅かに腐食している部分がありますが、鉄味が良く、意匠も素敵です。李朝初期以前のものでしょう。長さ30.4cm


こちらは、李朝時代の木製祭祀具ですが、時々見掛ける太っちょのボラとは違い、細身で木肌がツヤツヤとしています。長さ24.4cm

2021年9月8日水曜日

企画展 『木の味・鉄の味』

今日は、蓋付の木箱を3点紹介致します。箱は、これらの他にも、日本のものや李朝もの等、大小いろいろとございます。


これは日本のもので、塗師が使用していた、道具入れ兼作業台です。漆ものは人気があるので、わざと漆を塗りたくった紛い物が多く存在しますが、このように作為を感じないものは当然ながら魅力的です。箱や敷板として使わなくても、これだけで抽象画を観ているかのようです。長さ26.3cm、幅17.4cm、高さ6.8cm


こちらはビルマの蓋物で、キンマ入れだったのでしょう。作られてからかなりの年月が経っているようで、厚く塗られた漆がマット状になり、小さなひび割れがあったりと、古色感たっぷりです。長さ13.5cm、幅6.8cm、高さ5.5cm


これはネパールの箱ですが、山岳民族のものでしょう。粗末に見えますが、造りも擦れも味があり、放っておけない一品です。長さ18.5cm、幅6.1cm、高さ4.3cm
 

2021年9月4日土曜日

企画展 『木の味・鉄の味』



今日の品紹介は、李朝の狛犬一対です。日本の狛犬の特徴は、片方の口が開き、もう一方は口を閉じた阿吽という形体ですが、朝鮮や中国のものは、一対のどちらも口を開けた姿をしています。今回の狛犬は、やや大きく、一体の長さが53cmあり、古色も付いて良いコンディションです。眼球として、玉かガラスが埋め込まれており、愛嬌のある顔をしています。

 

2021年8月31日火曜日

企画展 『木の味・鉄の味』

今日は、鉄造の小品を2点紹介致します。どちらも江戸時代のものでしょう。


これは香合ですが、昔のものでありながらデザインがモダーンで、鉄味も抜群です。内部は鍍金されていたようで、金が薄っすらと残り、蓋の内側には、朱で花押が描かれています。よほど洒落た茶人の持ち物だったのでしょう。縦・横・高さ4.8cm。下が、蓋の内側の画像です。




こちらは、茶巾を入れる巾筒です。竹を模して造られていますから、単に鉄筒を切ったものではなく、この用途のために鋳造されたことが分かります。随分使用されたようで、包まれた布も箱もボロボロになっています。高さ5.1cm

2021年8月27日金曜日

企画展 『木の味・鉄の味』

今回は、時間をかけて集めた、味の良い木と鉄の企画展です。以前にも、木の企画展は行ったことがありますが、その時以上にこだわったオブジェ・器・什器・盆等、100点以上を展示販売しますので、ご来店いただきますよう、よろしくお願い致します。日時は下記の通りです。

2021年9月21日(火) - 10月3日(日)   12:00 - 18:00   会期中は無休で営業

なお、新型コロナ・ウィルスによる感染予防のため、ご来店時には、マスクの着用をお願い致します。店内には、消毒用アルコールを用意しております。

企画展終了まで、いくつかの品をこのブログで紹介しますので、どうぞご覧になって下さい。


薬師寺古材 (L:102cm)

2021年8月24日火曜日

トンケ



李朝のトンケ(銭函)です。このような什器では、金具がシンプルなものだけを選ぶようにしています。パンダジ(寝具・衣装入れ)だとサイズが大きいので、床に置く必要がありますが、小振りなトンケだとテーブルの上に置き、小品を飾ると存在感があり、尚且つ洒落た雰囲気になります。勿論、銭函としても利用できますよ。このサイズなら、2億円程入るでしょうね。
幅46cm、奥行20.8cm、高さ18.7cm
 

2021年8月18日水曜日

漢代小型三耳壺



中国、漢代の三耳壺ですが、これ程小さな漢代三耳壺にはこれまでに出会ったことがありません。肩から上に掛けられた釉薬に剥げが見られますが、疵は全くなく、水漏れもございません。小さな壺は、路上に咲いている花を生けられるので、花器としてのランニングコストが経済的です。胴径9.9cm、高さ9.8cm

 

2021年8月16日月曜日

『暁の宇品・陸軍船舶司令官たちのヒロシマ』  堀川恵子 著  講談社 刊 

みなさんは、お盆をどのように過ごされたでしょうか。私は、旅行へも行けないので、数冊の本を休み前に買い、結局はその中の、上記しました1冊だけを読みました。なかなか良い本だったので、お勧めです。
これを書かれたドキュメンタリー作家は、生まれ育ちが広島で、「人類初の原子爆弾は、なぜ "ヒロシマ" に投下されなくてはならなかったか。」とのシンプルな疑問から、取材を始められたようです。私自身は、生まれも育ちも大阪ですが、両親までは広島出身なので、作家と同じ疑問が以前からあり、この本を手に取ったわけです。
本中で焦点を当てられる旧日本軍幹部たちは、ほとんどが無名の人たちですが、様々な問題に対する処置が的確で、人間性も良く、何故そのような人材が国のトップになれなかったのか、現在の我が国の政治家・官僚の在り方にも繋がる疑問が湧いて来ます。簡単には説明できない内容なので、お時間ございましたたら、是非お読み下さい。

2021年8月11日水曜日

李朝石造文鎮



今日は、李朝の珍しい品を紹介します
が、これは両班が使っていた石造の文鎮で、重量は2kg程ありそうです。欠けが少しあるものの、上部と側面に植物が刻まれており、卓上に置くと、存在感有り有りです。これだけの重量があれば、乗せられた書類はまず動かないですね。写真では、実際の色や質感が出せないので、どうぞ実物をご覧下さい。長さ18.9cm、幅6.8cm、高さ5.9cm
 

2021年8月5日木曜日

2021年 夏休み

今年の夏も、昨年と同様に、新型コロナ・ウィルス蔓延のため、どこへも旅行できない状況ですが、当店では、8月13日より16日までの4日間、夏季休暇を取らせていただきます。その旨、どうぞよろしくお願い致します。
なお、お盆休みにしかご来店できない方は、事前にお電話いただきましたら、お会いできる時間の調整を致します。
 

2021年8月4日水曜日

キャンドル・グラス



これまで、キャンドル・グラスには興味がなかったのですが、酒盃としてピッタリなものを見つけたので入手しました。19cのフランスもので、歪に作られているためユラユラ感があり、厚手ながら口縁は薄いのです。無疵で、日本酒と洋酒、どちらにでも使えるでしょう。口径6.5cm、高さ7.2cm

 

2021年7月28日水曜日

伊万里白磁蓋付茶碗



江戸中期の伊万里白磁蓋付茶碗です。僅かに青み掛かった白磁で薄手の造り、そして、このフォルムが品の良さを醸し出しています。5客入手しましたので、組みで販売致します。サイズに僅かな個体差がありますが、こちらは口径11.3cm、高さ8cm(蓋付)です。

 

2021年7月23日金曜日

涼しげな生花

毎日のように続く猛暑にうんざりするこの夏ですが、ミズヒキやキキョウを入手したので、生けてみました。葉っぱが密集していないせいか、涼しげな風景になりました。



2021年7月21日水曜日

オルドス小像



今日は、オルドスの小さなブロンズ像を紹介致しますが、2000年以上も埋もれていたわりに状態が良く、鳥の大きな目や翼の付け根が確認できます。自立もしますので、デスク上に置けば、疲れた気分を癒してくれるのではないでしょうか。長さ3.9cm


2021年7月14日水曜日

モノクロのガラス器

今日は、モノクロのガラス器を二手紹介致しますが、どちらもミニマルなデザインで、無疵です。


真っ黒なグラスで、オンザロックの器に最適でしょうが、他にも色んな使い方ができそうです。大正〜昭和初期の作ですが、現代ものかと思わせるようなミニマルな造形です。かなり珍しいグラスなので、ペアで販売致します。口径7cm、高さ7.6cm


こちらは、明治時代の乳白ガラス徳利です。乳白ガラスの徳利は時々見掛けますが、この画像をご覧の通り、スラリとしたフォルムが素敵です。一輪挿しとしても使えるでしょうが、やはり冷酒用の徳利ですよね。それ程大きくないので、容量が200ml程かと想像していたのですが、水を入れて計ると、300ml強でした。高さ18.8cm

2021年7月7日水曜日

ペルシャ青釉盃



使用目的が何だったのか分からない、ペルシャ青釉の器ですが、形もサイズも盃として使うにはもってこいのものです。底に、少しだけ釉薬の剥げた部分がありますが、その他は無疵です。斑に掛けられた青釉に、歪んだフォルム、珍品な上に趣があります。15c前後のものでしょう。口径6.3cm、高さ4.7cm

 

2021年6月30日水曜日

朽ちた地蔵菩薩



流れ仏とまではいきませんが、寄木造りの一片が取れ、程良い感じに朽ちた地蔵菩薩像です。斜めに傾いた姿は私好みですが、仏さまを台から外せる構造なので、真っ直ぐに立てることもできます。大きさがややあるので、存在感たっぷり、室町頃の作でしょう。像高29.8cm、台を含めた高さ38.1cm

 

2021年6月23日水曜日

「みるく世の嘔」

今日は、76年前の太平洋戦争末期にあった沖縄戦の、犠牲者を悼む「慰霊の日」です。
沖縄県平和祈念資料館が、小中高校と特殊学校の児童・生徒に募った詩部門の作品1500点の中から、宮古島の中学2年生である上原美春さんのものが選ばれ、慰霊の日の式典でご本人がその詩を朗読されたそうです。私は、毎日新聞で詩の全文を拝見しましたが、他の新聞でもそれを掲載したようなので、是非ご覧になって下さい。インターネットを通じて、見ることができます。私は、久々に良い詩に出会えたような気がしました。
詩の最後に、「暗黒の過去を溶かすことなく あの過ちに再び身を投じることなく 繋ぎ続けたい みるく世を創るのはここにいるわたし達だ」と、括られています。「みるく」とは、沖縄の方言で、「平和」という意味だそうです。

ここのところ何年も、政治家や官僚の不誠実な言動に目眩を起こす毎日です。かつてあった日本の戦争では、軍部や政治家だけではなく、多くの日本国民がその後押しを行なったことが語られています。それぞれの国民が本当に平和を望むなら、自己の損得抜きで、誠実な政治家を選ぶことが必要なのではないでしょうか。甘言に騙されては駄目です。

極小ウシャブティ



紀元前のエジプトで、埋葬用の護符として作られたウシャブティは有名ですが、今日紹介しますものは極小で、両耳の辺りに、穴が開けられています。ウシャブティは時々見かけますが、このように小さなものは珍しいのではないでしょうか。おまもりとして、ペンダントにできますね。高さ3.3cm

 

2021年6月16日水曜日

平戸白磁小皿



幕末頃の、平戸白磁小皿です。平戸特有の純白、そして薄造りでミニマル・デザイン、見飽きることのない造形美です。何枚でも欲しいなと思わせる魅力があるのですが、残念ながら、3客しか入手できませんでした。それ故に、1点ずつ販売致します。
直径13.8cm
 

2021年6月9日水曜日

独鈷杵



今日は、密教法具である独鈷杵の紹介です。実際にかなりの頻度で使用されたようで、たっぷりと古色が付いていますが、絹布に包まれ誂えた桐箱に入っていたところから、以前のコレクターがとても大切にされていたことが窺えます。室町頃の作でしょう。独鈷杵の始まりは、インドで武器として作られたとか、確かに、チベットのもの等は、先端がかなり尖っています。長さ11.6cm 

2021年6月2日水曜日

文鎮



蓋物のように見えても、実はこれ、陶塊なのです。初見のものですが、中国で、書を押さえる文鎮として使われたのだと思われます。文様から見て、漢代頃の作でしょう。重さがあり、正に、ペーパー・ウエィトとして使用するのにピッタリです。胴径7cm、高さ3.8cm

 

2021年5月26日水曜日

李朝分院白磁碗



李朝後期分院の白磁碗です。厚みのある器体に、薄っすらと青み掛かった白磁から、品の良さが窺えます。頻繁に使われたのではと思わせる雰囲気があり、程良い大きさで、色んな使い方ができそうです。口径16.8cm、高さ6.9cm。無疵完好

 

2021年5月19日水曜日

ネパールの矢



ネパールの山岳民族が使用していた矢です。シャフトが完璧な直線ではないので、遠くの的に命中させるのは無理でしょうから、近くの獲物を捕獲するために使われたのでしょう。ミニマルな造形なので、壁に飾れば格好良いです。壁に釘1本で飾ることができます。長さ73.7cm

 

2021年5月12日水曜日

ガラスもの

かなり暖かくなってきましたので、今日はガラス製品2種を紹介致します。全てが無疵で、珍しいものです。


画像では分かり辛いのですが、内側が面取りになった小さなグラス2点です。サイズは個体差がありますが、やや背の高いほうで、口径5.7cm、高さ8.8cm、冷酒用には丁度良い大きさです。日本のものではなく、イギリス製で、日本で言えば、大正時代頃のものです。僅かな歪みや気泡が見られ、味があります。


こちらは、日本の明治〜大正時代の蓋付碗3客で、恐らく、向付として作られたのでしょう。厚手で、模様のないシンプルな器です。これらも、サイズに個体差がありますが、一番大きなもので、口径10cm、高さ5.3cm(蓋付)です。

2021年5月6日木曜日

統一新羅面付小瓶



統一新羅の須恵質小瓶ですが、珍しいことに、ご覧の通り面が付けられています。最初は獣面かと思ったのですが、人面のような気もしますし、鼻が上を向き、口には玉を咥えたような不思議な造形なのです。その時期には、蓋付の蔵骨容器が多く作られていますが、口の小さな瓶なので骨の容器ではなく、やはり副葬品だったのかもしれません。胴径11.1cm(面を含まず)、高さ10.3cm

 

2021年4月30日金曜日

今年最初のクレマチス

今週、今年最初のクレマチスの花が咲き、早速生けました。私は50鉢近くの植物を育てているのですが、数の多い椿等に比べ、クレマチスは1鉢だけ。お気に入りのクレマチスで、昨年は100輪以上の花を咲かせてくれました。3月初めに芽を出してきたなと思ったら、成長が早く、現在は180cm程の高さに育っています。コロナ禍で気が滅入る中、生き物の成長が、少しでも心に安らぎを与えてくれることに感謝。



2021年4月28日水曜日

ナガ族、羽帽子



竹で編んだボディにイノシシの毛皮を貼り付け、そこに大き目の黒い羽を何本も刺した、ナガ族の帽子です。正面には、イノシシの牙が取り付けられており、黒っぽい中でアクセントとなっています。ナガ族の一般的な帽子は、派手なものがほとんどのようですが、この黒々とした帽子は珍しく、儀式用かシャーマンが使用したのではないかと思われます。大きさもあり、飾れば迫力満点です。幅48cm、奥行40cm、高さ40cm

 

2021年4月26日月曜日

ゴールデンウイーク中の休店日

昨年までは、ゴールデンウイーク中も、定休日以外は営業を行ってきたのですが、今年は新型コロナウィルスに関して緊急事態宣言が出ていることもあり、5月2日(日)〜5月5日(水)の4日間を休店日とさせていただきますので、よろしくお願い致します。

2021年4月21日水曜日

御深井小品

今日は、御深井焼の小さな器を2点紹介致します。どちらも江戸中期頃のもので、高台周りの土見せ部分には、結構な古色が付いている反面、見込は、どちらも光沢があり良い状態です。


鉄絵の入った変形小皿です。神経質にチェックすると、ノミホツかなと思える部分がありますが、市場では、無疵と呼べる状態です。長さ14.6cm、幅10.3cm、高さ3cm


こちらは、織部調の小鉢です。欠けやニュウはありませんが、胴に釉剥げ部分がございます。口径13.9cm、高さ4.3cm